梅ヶ谷男子高等学校〜黒王子たちの恋〜

王子様の様な容姿の一条は、その容姿とは裏腹に学校の頭をしていた。
しかし彼に唯一従わないクラスがあった。それは瀬名率いる1年B組だった。
一条は綺麗系のイケメンですが、ピアス・煙草は当たり前なヤンチャなキャラです。
しかも自分に従わない瀬名を気に入り、何かとちょっかいをかけて彼を困らせる所は物凄くドSキャラだと思います。
一条に手を出された時に判明する、首が異常に弱いという瀬名の設定がとても萌えます。
もちろんそこで首ばかりを執拗に攻める一条は流石としかいいようがありません。
次第に1年B組だけが他クラスに手を出されないのが一条の配慮だったという事実が露見し、それを知った瀬名の気持ちが揺れ動いていきます。
素直になれないけれど真っ直ぐに一条に向き合う瀬名はとても真剣で、可愛くていじらしいキャラクターです。
お互いに好きだと告げてからの先があまり描かれていなかったので、この話の続編が是非読んでみたいです。
他一条の友人の裕次郎と政臣の恋愛、そして政臣の弟の静の恋愛など盛りだくさんです。
どれも甘くて切なくて、何かいるっ!!!のようなエッチに乱れる受けたちが最高に可愛くていやらしくてキュンキュンします。
喧嘩っ早くて乱暴だけれど、凄く純粋な気持ちを持って恋愛をしている彼らが本当に魅力的な作品だと思います。
ヤンキーキャラの大好きな方には是非オススメしたい作品です。